Pocket

flumpool(フランプール)ボーカル山村 隆太さんが『歌唱時機能性発声障害』と診断されたため、活動休止が発表されました。

 

ボーカル・山村さんが診断された『歌唱時機能性発声障害』というのが何なのか、原因は何なのかが気になったので調べてみました。

Sponsored Link

flumpool(フランプール)とは?

4人組のロックバンドflumpool(フランプール)についてまずはご紹介いたします。

 

flumpool(フランプール)

 

左からドラム担当の小倉 誠司さん、ギター担当の阪井 一生さん、ボーカル&ギター担当の阪井 一生さん、そしてベース担当の尼川 元気さんです。

 

2007年1月に大阪府で結成され、バンド名は英語で4(メンバー数が4人)を意味する『four』の頭文字から『f』、塊を意味する『lump』、溜まりを意味する『pool』を合わせた造語とされております。

 

また、トーク番組に出演した際にバンド名の由来を尋ねられ、阪井さんが当時好きだったFrancfrancと、たまたまつけていたテレビから聞こえてきたリヴァプールFCの『Liverpool』を合わせたものだと明かしております。

 

2008年10月に配信限定シングル『花になれ』でメジャーデビューをし、ビジュアル面での活動を休止する阪井さんに代わるビジュアル面でのサポートメンバーとして、井上 裕介さん(NON STYLE)が参加されたことがもしかしたら記憶にあるかも知れませんね。

 

また、12月26日にシングル『とうとい』が発売される予定となっており、前作の『ラストコール』からおよそ9ヶ月ぶりとなるニューシングルとなっており、ファンの方々には待ち遠しかったシングル発売ですよね!

 

 

 

『歌唱時機能性発声障害』とは?原因は?

今回、flumpoolのボーカル・山村 隆太さんが診断された『歌唱時機能性発声障害』というのがどのようなものなのか?また原因について調べてみました。

 

歌唱時機能性発声障害』とは症状としては、声を出すときにかすれてしまう、いわゆる「嗄声(させい)」というものが出るそうで、この症状が突然、起こるのが典型的なんだそうです。

また症状が酷くなると、声が出なくなってしまう、失声という状態になります。

 

機能性発声障害の原因としては、舌や喉の筋肉が緊張してしまうことで声が詰まる「筋緊張性発声障害」や声変わりが順調にいかないことなどによる「変声障害」、精神的な原因による「心因性発声障害」に分類できるそうです。

 

山村さんがどのタイプに当てはまるかは分からないのですが、とにかく今は治療に専念してほしいと思っております

Sponsored Link

最後に

当面の間、今後のバンドの活動を休止することとなり、休止期間は未定だといわれております。

 

全国ツアーの残りの公演と、大みそかのカウントダウンライブがまだ残っていたため、ファンの方々にとっては残念なことなんだと思います。

 

山村 さんが元気になってくれて、ライブやテレビなどで元気な姿が見られる日が早く来るといいですよね!!

Sponsored Link