Pocket

9月13日放送の『内村と坂上の21世紀職人!!』で大分県にある和あそび屋の『日田下駄』が紹介されておりましたね。

 

和あそび屋』で扱っている下駄の種類などが気になったので調べてみました!

Sponsored Link

『日田下駄』とは?

日田下駄』についてご紹介したいと思います。

 

『日田下駄』

昔から日田地方は上質な天然杉の産地として知られ、大分県の伝統的特産品である杉の日田下駄は、日田杉の天然の木目を最大限に生かす神代焼(じんだいやき)仕上げをしてあり、素足の肌と素材の肌が心地よくフィットします。

 

独特の杉の香りも森林浴のように心地良く鎮静リラックス効果があるといわており、底には発泡素材の硬質スポンジを張り、衝撃を吸収してくれますので滑りにくく疲れません

 

伝統の技を受け継ぐ職人の自信と心意気を感じさせる日田下駄で、とても健康的な履き物です。

 

『日田下駄』にはリラックス効果があるなんて驚きです!

 

それに履物なので1日の間で長い時間履き歩くと思うので滑りにくく疲れないというのは、履く側にとってはありがたいことですよね☆

和あそび屋の『日田下駄』の種類や通信販売は?

和あそび屋の『日田下駄』は8種類の下駄があり、男性用・女性用・子供用・和あそび・布あそび・ひーる下駄つっかけがあります。

 

和あそび・布あそび下駄はデザインもおしゃれなもの多く、目を惹くデザインとなっております。

 

和あそび屋の『日田下駄』

 

こちらの画像は『布あそび下駄』で下駄の表面に布を貼って美しくコーティングしたアイテムで貼る布によって違った印象を引き出すことができるため、自分好みのデザインにすることも可能となっております。

 

布あそび下駄

 

こちらの画像は鼻緒がバンドになっている『ミュールタイプ』の下駄もあります。

                   

そして通信販売についてですが、Amazon和あそび屋の公式サイトで買うことができます。

 

ただ最後にご紹介した『ミュールタイプ』の下駄は店頭販売となっており、工場での販売や催事等の販売のみとなっております。

 

現在、和あそび屋の『日田下駄』は人気でオーダーを受けてからの製作となっており、手元に届くまで3~6ヶ月掛かるそうです^^;

 

手元に届くまで3~6ヶ月掛かるなんて相当人気だということがよくわかりますね。

 

値段が値段だったとしても1足持っていると長く使えますし、1足持っていても良いのかも知れませんね☆

Sponsored Link

最後に

下駄を履くのは浴衣や着物を着た時でそんなに頻繁に着ることもなく、ここ数年間、下駄を履いた記憶がありません。

 

普段の洋服に合わこともできるようなので普段使いにも良いのかもですね!

 

また、ホームステイ先や外国の方へのお土産としても喜ばれるのではないかと思います☆

Sponsored Link