Pocket

 赤西仁さんの妻で女優の黒木メイサさん海外デビューすることとなりました。夫の赤西仁さんはすでに海外デビューをしており、2015年には中国の文化アワード「愛奇芸尖叫之夜」で「アジア人気アーティスト賞」などを受賞しております。

 

 今回、黒木メイサさんが海外デビューされることとなったまでの経緯や映画の作品名、いつ作品が公開される予定でいるのかなど調べてみました。

Sponsored Link

黒木メイサとは?

黒木メイサ

               生年月日:1988年5月28日
               出身地:沖縄県名護市
               身長:165cm
               血液型:A型

 

 お父さんがブラジル系アメリカ人でお母さんが日本人のハーフの黒木メイサさん。10歳の時にジャネット・ジャクソンに憧れてダンスを始め、沖縄アクターズスクールに通っていました。

 

 中学2年生の時に、姉がスカウトされ黒木メイサさんが写ったプリクラを見せたことでスカウトされましたが、1年間は断っており、中学を卒業する時に芸能界入りを決意し上京しました。

 

 2004年からファッション雑誌『JJ』のモデルとなり、舞台、ドラマ、映画にと数多く出演し、歌手としても活動をしております。また、2012年には赤西仁さんと結婚&妊娠を発表をし、2児の母でもあります。

黒木メイサが出演する映画の日本での公開日など

黒木メイサ 映画

 黒木メイサさんの海外デビュー作となる作品の映画は『青禾男高(チンヒョウナンコウ)』というタイトル名で中国版の「クローズ ZERO」のような、学校の抗争を描いている作品です。

 

 黒木メイサさんの役どころは、中国の青禾男子高校を舞台に主人公(オウ・コウ)らが所属する中国人グループと柴田(林遣都)を中心とする日本人学生グループが闘うというストーリでの、柴田姉役で、剣術の腕に秀でた武家の娘・清子を演じました。

 

 映画の撮影は2016年7月に中国の北京や大連で撮影が終了しており、気温30度超える中で着物、袴スタイルで熱演されました。慣れない剣道のシーンがあったり、猛特訓した北京語も披露された黒木メイサさん。

 

 映画は7月に中国全土で公開予定となっているのですが、日本公開は未定となっているそうです。

黒木メイサさんの海外デビューまでの経緯は?

Sponsored Link

 今回、黒木メイサさんが海外デビューとなったきっかけはジャン・ツォーウェン監督から黒木メイサさんへの熱烈オファーでした。

 

 ジャン・ツォーウェン監督が10年前の2007年の映画「クローズZERO」に出演されていた黒木メイサさんを見て、「漫画から生まれたようでいつか自分の映画のヒロインにしたい。」と惚れ込み、考えていたそうです。

 

 そして10年後、「このキャラクターは彼女のために書いたといっても過言ではない」と黒木メイサさんがジャン・ツォーウェン監督の映画『青禾男高』に出演することとなりました。監督の10年越しの想いが詰まった作品となっております。

最後に

 黒木メイサさんが映画デビューをされたことによって、先に海外デビューされている夫・赤西仁さんとこれから一緒に海外で活動をされていくのかも知れませんね。いずれにしても、黒木メイサさんが出演される『青禾男高』が日本で公開される日まで待ち遠しいですね。それにしても、黒木メイサさんの袴姿がかっこいいです☆

Sponsored Link