Pocket

2017年11月7日のセブンルールにスウェーデン発のファストファッション『H&M』でPRマネージャーを務める室井 麻希さんが出演されます。

 

将来の夢が国連職員だった室井さんのプロフィールやがなぜ現在、『H&M』でPRマネージャーをされているのかなどが気になったので調べてみました!

Sponsored Link

H&MでPRマネージャーの室井 麻希とは?

室井 麻希さんの経歴やプロフィールを簡単にご紹介いたします。

 

室井 麻希

名前:室井 麻希(むろい まき)

生年月日:1979年

年齢:37歳

出身地:宮城県

出身大学:ICU(国際基督教大学)

 

元々、学生時代は国連職員を目指していた室井 麻希さん。

 

大学も国連に入りやすい大学のICU(国際基督教大学)を選んで、政治を勉強していました。

 

ただ、国連に入るには最低でも大学院に行くことが必須条件だったのですが、室井さんが進路を考えた時にご自身の『好奇心が大学院に向かない』と感じ、また、一回外に出てみたいと思って、試しにという軽い気持ちで就職活動を始められました。

 

そこでマーケティングという業界があることを知り、外資系の広告代理店の、戦略プランニングという部署に入ることになりました。

 

その3年後、「どうしてもアジアの国で暮らしてみたい!」と思うようになり、思い切って会社を辞め香港へ渡った室井さん。

 

自分の適職を自分できちんと分かっており、マーケティングという仕事をされ、アジアで暮らしたいという想いで会社を辞めて香港へ渡るという行動力とバイタリティがすごいです!

 

香港に渡って3年ほどモデルをしていており、この香港で当時のピーチ・ジョンの代表取締役を務めていた野口美佳さんに会ったことで『PEACH JOHN』に転職することとなりました。

 

その後の2012年に『H&M』からヘッドハンティングされ現職のH&MでPRマネージャーをされております。

 

ヘッドハンティングされるというのもすごいですよね^^;

H&Mは仕事がしやすいの?

Sponsored Link

 

現在、1児の母である室井さん。

 

H&Mは管理職の72%は女性が占めており、サスティナビリティ(=企業が利益を上げ、将来においても顧客に製品を供給し続けられる可能性を現在において持っていること」)がとても高い企業なのです。

 

社長のクリスティン・エドマンさんは二児のワーキングマザーですごく徹底してワークライフバランスを進めている人なのです。

 

クリスティンさんが定時の18時になると「みんな帰りなさい!」とオフィスをパトロールし始めるので、皆帰らないといけないとか。

 

逆に朝来てから18時まではとにかく効率的に仕事をして、早く帰ることが習慣になっており、結果も出しながらチームも育てて自分のプライベートも大事にするという、室井さんにとってのロールモデルであります。

 

新入社員の方もH&Mのサスティナビリティに魅力を感じ入社する方も多いとかで、女性も働きやすい環境の職場なのかと思いました。

 

だんだんとワークライフバランスをという企業が増えて来たのかと思うのですが、その一方でまだまだ進んでいない企業もあります。

 

またワークライフバランスなんて・・・という意見もあります。

 

私は、何が一番良いのかがよく分からなくてです^^;

最後に

子育てと仕事を両立されているワークママの室井 麻希さん。

 

私もいつか室井さんのように子育てと仕事を両立できるワークママになれたらです☆

 

Sponsored Link