Pocket

6月1日から先行配信されている「いま、太陽に向かって咲く花」という曲をご存じでしょうか?

 

「いま、太陽に向かって咲く花」は歌手のNOBUさんという方が5年前にリリースをされた「太陽に向かって咲く花」をアレンジしてもらい、バージョンアップした新曲です。

 

この「いま、太陽に向かって咲く花」がどのような曲なのか、歌手のNOBUさんがどの様な人なのかが気になりましたので知らべてみました。

Sponsored Link

歌手・NOBUとは?

NOBU名前:NOBU

出身地:宮崎県

職業:シンガーソングライター

生年月日:1988年7月3日

趣味:スケートボード

 

元々は『N.O.B.U!!!』の名義でデビューをし、再起をし、『NOBU』という名で活動中のNOBUさん。

 

幼少時代からピアノギターベースドラムトラックメイク等音楽に興味を示し、18歳時にバンドが解散し、ソロ歌手転向シンガーソングライターとなる。

 

色々な楽器に興味があったのですね。

 

シンガーソングライターとして2012年にデビューしたが芽が出ずに、2年で所属レコード会社との契約を解除されました。

 

今春に音楽関係者から再度チャンスをもらい再起をし、ジャンルにとらわれない音楽スタイルでストリート感を大切にし、どんなステージでもオーディエンスと一緒に楽しめる事を目指しているそうです。

 

私は『NOBU』さんという方を今まで知らなかったのですが、チャンスを与えてもらえたのも何かの縁だったりすると思いますので、今回のチャンスを生かしてほしいと思っております!

Sponsored Link

「いま、太陽に向かって咲く花」とはどのような曲なのか?

NOBU

いま、太陽に向かって咲く花」はシンガーソングライター・NOBUさんが5年前にリリースした「太陽に向かって咲く花」を佐藤竹善さん(SING LIKE TALKING)のアレンジなどを経て、バージョン・アップした曲です。

 

6月1日にはミュージックビデオが公開され、配信もスタートとなっているのですが、7月12日にリリースされ、7月8日には東京のShibuya eggmanで再出発後初のワンマンライブいま、太陽に向かって咲く花 -Release Live-」の開催がされました。

 

元々は5年前のメジャーデビュー作品の中に収録された曲でNOBUさんのお兄さんに向けた「兄への応援歌」として「兄への手紙」の様な作品として生まれた兄弟愛

それが兄への応援歌が、九州の応援歌に。そしていま、あなたの応援歌に。とのNOBUさんの想いです。

NOBU

新曲の限定盤CDのジャケットと音楽ビデオに温水洋一さん、『おかずクラブ』のオカリナさん、横浜F・マリノス キャプテン 齋藤学さん、「国民的美少女コンテストモデル部門賞」の工藤綾乃 さん、お笑い芸人『響』 の長友 さんが、ジャケット写真に登場し、ビデオでも歌詞を口ずさんでいるのです。

 

横浜F・マリノス キャプテン 齋藤学さん以外はNOBUさんと同じく宮崎県出身で、横浜F・マリノス キャプテン 齋藤学さんとNOBUさんは交流が深いことがきっかけでジャケットなどに登場することとなりました。

NOBU

7月12日にリリースとなり(通常盤)¥1,080となっております。

 

実際に聞いてみたのですが、心にしみるいい曲だと思います。

 

この曲が大ヒットとなり、NOBUさんのシンガーソングライターとしてのこれからの活動に繋がってほしいと思いました。

最後に

テレビでNOBUさんのことが紹介されておりました。

 

この曲がきっかけでNOBUさんとしての知名度があがり、日本だけでなく海外でも有名なシンガーソングライターのNOBUさんになってほしいと思います。

Sponsored Link