Pocket

熊本市議会の定例会に緒方 夕佳市議が生後7カ月の長男を抱いて議場に入場したため開会が40分遅れるということがニュースとなりました。

 

この緒方 夕佳市議という方がどのような方なのかが気になったので調べてみました!

Sponsored Link

緒方 夕佳市議とは?

緒方 夕佳市議プロフィールを簡単にご紹介いたします。

 

緒方市議

名前:緒方 夕佳(おがた ゆうか)

生年月日:1975年8月1 日

出身地:熊本県

 

東京外語大 米英科を卒業し、アメリカヴァージニア州立ジョージメイソン大学で大学院紛争分析・解決学部修士課程修了をされました。

 

その後、『NPO法人沖縄平和協力センター』や『国連開発計画イエメン事務所プログラムオフィサー』に就職し、 都市整備委員会予算決算委員会に所属をしております。

 

約35ヵ国を訪れ、内4ヵ国に住んできた経験を持ち、母で一市民である私自信が行動を起こす必要があると感じて市政に踏み出した緒方 夕佳市議。

 

家族構成は旦那さんと長女と長男の4人家族となります。

 

経歴を見ると次元の違う方・・・という印象しかないです^^;

 

当選1回ということで市民の皆さんに応援され、期待もされているというのが分かる、緒方市議でありますよね。

 

今回、なぜ緒方市議が赤ちゃんを連れての議会出席をしたのかを解説していきたいと思います。

なぜ赤ちゃんを連れての議会出席を?

緒方市議

 

なぜ今回、緒方 夕佳市議がなぜ赤ちゃんを連れての議会出席したのかというと、「子育て中の女性も活躍できる市議会であってほしかった」と理由を説明をしております。

 

また、「妊娠が分かった昨年から市議会に赤ちゃんを連れてくることができないかどうか議会事務局に相談してきたが、前向きな回答が得られなかったため、強行した」とのことでした。

 

緒方市議としても、もしかしたら複雑な想いだったのかも知れませんね。

 

ただ、傍聴規則で『傍聴人は会議中に議場に入ることができない』と定められており、議員や職員以外は傍聴人とみなされてしまいます。

 

そのため赤ちゃんでも許されないということとなるため、きちんと事前に傍聴規則を確認して、できれば議会内で事前に確認をしておいた方がよかったのかも知れませんね^^;

 

Sponsored Link

 

今回の件で40分遅れで始まった、市議会。

 

開会の際に議長が議事進行の遅れを謝罪したところ、男性市議から「おわびする人間が違う」とのやじも飛んだそうで、私はこのやじを飛ばした男性市議を心無い人だと思ってしまいました。

 

確かに議長よりも緒方市議がおわびをした方が良かったのかもしれませんが、「もしも逆の立場だったとしたらこの男性市議はきちんと開会の際にわびることができるのだろうか?」とか、「もしも自分の娘が緒方市議だったら同じことを言っているのだろうか?」と疑問に思ってしまいます。

 

何はともあれですが、市議会は事前に通告なくルール違反を強行したとして問題視する一方で子育て世代の議員のための環境整備について議論を進める方針を示しました。

 

本当は妊娠が分かった時に緒方市議が相談を持ちかけているので、その際にもう少し議会事務局側が真剣に考えていれば、このような事がなかったのかも知れませんね。

最後に

『女性活躍推進法』と名前は進んでいるものの、現状はまだまだなことが多いと思います。

 

この後に急速に変化していくとは思えず、ゆっくりと進んでいくのでしょうかね^^;

Sponsored Link