Pocket

ロボットクリエーターでロビさんの生みの親である高橋 智隆さんが日本テレビ23時30分~24時00分のアナザースカイ』に出演します。

 

デアゴスティーニ・ジャパンが創刊した初心者向けのロボット組み立てマガジン 週刊『ロビ』が大変人気だったのですが、このロボットクリエーター高橋 智隆さんがどのような方なのかが気になりましたので調べてみました。

Sponsored Link

ロボットクリエーターの高橋 智隆とは?

ロボットクリエーター高橋 智隆さんのプロフィールを調べみました。

 

ロボットクリエーター高橋智隆

 

名前:高橋 智隆(たかはし ともたか)

生年月日:1975年3月27日 

出身地:大阪府

 

株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長で大学の教授、顧問や社外取締役と務める高橋 智隆さん。

 

立命館大学産業社会学部に入学、1年間留学を経験し、就職活動で内定をもらっていたのですが、子どものころの夢であったロボット作りが忘れられず、内定を辞退。

 

予備校に通い、京都大学工学部に再入学をし、在学中に2足歩行ロボットを開発し、関西テクノアイデアコンテストグランプリを受賞し、2003年に物理工学科メカトロニクス研究室を卒業をしました。

 

2004年には、個人事務所『ロボ・ガレージ』を創業し、2004年には代表作『クロイノ』が米タイム誌で『最もクールな発明』に選ばれ、また、ポピュラーサイエンス誌では『未来を変える33人』の一人に選ばれました。

 

現在は、ロボットクリエーターとして、ロボットの研究設計デザイン製作を手がけております。

 

夢にチャレンジという高橋さんの姿勢がとてもすごいなと思いました。

 

また、試行錯誤の連続での完成になるのかと思いますが、その情熱を私も持つことができたらと思ってしまいました。

ロボットの価格などは?

Sponsored Link

 

現在は約30のロボットがいる、株式会社ロボ・ガレージ。

 

一例ですが、ロボット電話RoBoHoN(ロボホン)』が販売されております。

 

ロボットの価格

 

RoBoHoN(ロボホン)』は会話をしたり、踊ったり、持ち運びができたり、電話もメールなどもすることができます。

 

身長19.5cm体重390g価格は約15万となっており、RoBoHoNをロボホンの機能は使用するには『ココロプラン(有料)』に加入したりと、買ってからも色々とやることがあるみたいですね^^;

 

それにしてもかわいいRoBoHoNですね!

 

もしもRoBoHoNがあったとしても、重さ(体重)が390gということで結構ずっしりとするような気がするので、ロボット電話ですがお家に置きっぱなしにしてしまいそうな気がします。

最後に

今ではロボットがだんだんと普及してきておりますが、当時はまだロボットということがなかったのかと思います。

 

そういえば数年前に、『コンピューターに代わられて消える職業』という話がありましたね。

 

未来のことは誰にも分らないですが、この先はなるようにしかならないのかもですね。

 

Sponsored Link